季節

ふたご座流星群2022三重でのピーク時間見える方角・場所はどこ?

ふたご座流星群2022三重でのピーク時間見える方角・場所はどこ?

今年も冬の風物詩「ふたご座流星群」が見える季節になってきました。

ふたご座流星群といえば、しぶんぎ座流星群ペルセウス座流星群と並んで3大流星群に数えられています。

3大流星群の中でもふたご座流星群は、毎年安定して多くの流星を見ることができ、1年で最大の流星群とも言えるでしょう。

寒さで空も澄んで流星群もより見やすくなっています。

 

このふたご座流星群の2022年のピークや見える方角、三重県内ではどこで見ればいいのか気になりますよね?

ふたご座流星群2022ピーク時間は?

ふたご座流星群2022のピークは12月14日22時です。

 

ふたご座流星群2022はもうすでに観測できますが、2夜わたって観測しやすくなります。

・12月13日夜~14日明け方

・12月14日夜~15日明け方(特に21時~24時頃

 

深夜には月が昇り、月明かりの影響を受けてしまいます。

そのため、月が高く昇らないうちの夜半前の時間帯の観察がおすすめです。

 

観測しやすい時間が夜半過ぎではないので、ふたご座流星群2022は時間的にも観測しやすいですね。

 

ふたご座流星群2022見える方角は?

ふたご座流星群2022は方角に関係なく空全体で見ることができます。

 

流星群は放射点という点を中心に四方八方に流れますが、方角に関係なく空のあちこちに見られます。

なので放射点の方向だけに注目するのではなく、空全体をぼんやり見渡すようにしましょう。

 

観測するときの注意点としては以下の通りです。

広場や河原など視界が開けた場所で観測

月に背を向け月明かりの影響がない方角を観測

見えなくても15分~30分以上は観測する

 

建物が多くある場所では視界が狭くなってしまう、建物の明かりのせいで見えにくくなってしまいます。

周りに建物がない広場や河原など視界が開けた場所が観測に向いています。

 

また、月明かりがあたると流星が見えにくくなってしまいます。

空全体を見渡すことに加えて、月に背を向け月明かりの影響がない方角を観測しましょう。

 

また、流星がみえなくてもすぐあきらめず、しばらく観測しましょう。

暗闇に目が慣れてくるのに時間がかかりますし、流星は規則的には流れずランダムに流れます。

よって15分から30分以上は観測することをおすすめします。

 

ふたご座流星群2022三重県でおすすめの見える場所

続いてふたご座流星群2022を見るのにおすすめの三重県内の場所を紹介します。

鬼ヶ城

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takuya Okada(@tora_taku)がシェアした投稿

駐車場やトイレがあるので安心してふたご座流星群を見ることができます。

鬼ヶ城の洞窟は人気の撮影スポットとなっています。

夜は明かりがないため明かりを持っていき足元には十分気を付けてください。

 

三重県民の森

三重県菰野町にある県民の森は、月に一度星空観察会というイベントも行われている星空観察スポットです。

緑が多く人口の光が少なく流星群を見るのに適しています。

駐車場とトイレもあるので、安心して観測できます。

 

横山展望台

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruna.t(@haruna.ivy)がシェアした投稿

横山展望台は、リアス海岸で有名な英虞湾や、志摩市街を見渡す事が出来る展望台です。

標高は140m、広め駐車場とトイレがあるので流星群観測も安心してできます。

 

星の広場

四日市市にある星の広場は星の観測スポットとして知られています。

駐車場やトイレもあるので流星群観測にはピッタリの場所です。

 

青山高原

青山高原は津市と伊賀市の境にそびえる高原で伊勢湾全体を見渡すことができます。

やや明るいですが、南側は暗いので見やすいかと思われます。

駐車場やトイレもありるので安心して流星群観測ができます。

 

まとめ

今回は「ふたご座流星群2022三重でのピーク時間見える方角・場所はどこ?」と題してお送りしました。

 

ふたご座流星群2022ピークは12月14日22時です。

夜中には月が高く昇ってしまうため、21時~24時頃の観測がおすすめです。

 

ふたご座流星群2022の三重県で見える方角は、方角に関係なく空全体で見ることができます。

三重県でおすすめの見える場所はこちらです。

  • 鬼ヶ城
  • 三重県民の森
  • 横山展望台
  • 星の広場
  • 青山高原

 

万全の防寒対策をしてふたご座流星群を観測しましょう。

本当に冷え込むので無理はしないように、楽しくふたご座流星群を見ることができるといいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!