エンタメ

吉田拓郎の歴代嫁は3人で子供は1人!馴れ初めや離婚理由まとめ!

吉田拓郎の歴代嫁は3人で子供は1人!馴れ初めや離婚理由まとめ!

吉田拓郎さんは、7月21日放送の「LOVE LOVE あいしてる 最終回・吉田拓郎卒業SP」の出演をもってテレビ出演は最後とし、12月にはラジオ番組も終了し芸能界から引退するということで注目を集めています。

 

吉田拓郎さんは過去に2度離婚を経験しているということで、いままでどのような人と結婚してきたのか気になる人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では「吉田拓郎の歴代嫁は3人で子供は1人!馴れ初めや離婚理由まとめ!」と題して吉田拓郎さんの歴代嫁について馴れ初めや離婚理由と併せて紹介します。

吉田拓郎の歴代嫁は3人

吉田拓郎さんは過去に2回離婚しており、現在も含め3人の方と結婚しています。

  1. 四角佳子
  2. 浅田美代子
  3. 森下愛子

それぞれどのような方なのか見ていきます。

四角佳子

  • 名前:四角 佳子(よすみ けいこ)
  • 別名:志麻 ゆき、よしだ けいこ
  • 生年月日:1952年3月4日
  • 年齢:70歳(2022年7月時点)
  • 出身地:大阪府
  • 職業:歌手、ダンサー

四角佳子さんは、西野バレエ団で金井克子さん、岸ユキさん、原田糸子さん、由美かおるさん、奈美悦子さんらと共に学び、1968年に日本テレビ『レ・ガールズ』にて「志麻ゆき」という名義で芸能界デビューしました。

1970年2月には「風に乗って」でレコードデビューも果たし、同年8月には「夜明け前」をリリースしています。

しかし2枚目のレコードをリリース後、周囲と上手くいかなかった四角佳子さんは大阪に帰ってしまいます。

 

1971年、小室等さんから六文銭への誘いの電話があり、復帰を決意します。

同年、六文銭のメンバーとして愛知県の岡崎のステージで再デビューを果たし、吉田拓郎さんとの結婚を機に引退しました。

 

しばらく芸能界とは離れていましたが、2000年に音楽界へ復帰しています。

 

浅田美代子

  • 名前:浅田美代子
  • 生年月日:1956年2月15日
  • 年齢:66歳(2022年7月時点)
  • 出生地:東京都港区
  • 身長:157cm
  • 血液型:B型
  • 職業:女優・タレント・歌手

1973年『時間ですよ』でデビューを果たします。

国民的な高視聴率番組だったこともあり、たちまち人気を集めました。

また劇中歌でデビュー曲の「赤い風船」は、1年で50万枚近くを売り上げ、この年の新人歌手のシングルでは最大のヒットとなり、1973年の第15回日本レコード大賞で新人賞を受賞しました。

その後、女優や歌手として活躍しますが、1977年に吉田拓郎さんとの結婚を機に芸能界を引退しました。

しかし、1983年に芸能界復帰をし、翌1984年に離婚をしています。

現在は主に女優として活躍しています。

森下愛子

  • 名前:森下愛子
  • 本名:吉田 佳代(旧姓:竹田)
  • 生年月日 1958年4月8日
  • 年齢:64(2022年7月時点)
  • 出生地:東京都武蔵野
  • 血液型:AB型
  • 職業:女優

森下愛子さんは、高校1年生にスカウトされモデルとしてデビューし、CMタレントなどで活動をしていました。

1977年に『地獄の天使 紅い爆音』で女優としてデビューし、1978年に出演した『サード』で体当たりの演技を見せた注目を集めました。

1986年に吉田拓郎さんと結婚。

その後体調を崩し、1988年から芸能活動を一時休止していましたが、1999年に『美しい人』で復帰を果たします。

2020年4月30日をもって公式ウェブサイトを閉鎖しており、翌2021年4月9日放送のラジオ番組で、「1年前にリタイアを決断している」と吉田拓郎さんが報告をしています。

2020年に芸能活動を引退していたとのことです。

 

吉田拓郎の歴代嫁との馴れ初めや離婚理由、子供は?

吉田拓郎さんの歴代嫁との馴れ初めや離婚理由や子供の有無について見ていきましょう。

四方佳子との馴れ初めと離婚理由

1971年5月愛知県岡崎市のコンサート会場で吉田拓郎さんと出会います。

あいさつに来た四方佳子さんに対して、照れ屋の吉田拓郎さんはぞんざいな返事をしたことで第一印象は悪かったそうです。

 

その後再び共演をし打ち上げの後、吉田拓郎さんは酔っ払いのけんかの仲裁に入りけがをしてしまいます。

初めて見た男同士の喧嘩と、血だらけの吉田拓郎さんショックを受け、泣きながらの介抱とをしました。

このことがきっかけで吉田拓郎さんは四方佳子さんに惚れ仲が深まり、その交際期間を経て、1972年6月に結婚しました。

 

しかし、1975年2人は性格の不一致が理由で離婚をしてしまいます。

 

結婚後すぐから些細な事でケンカを繰り返してきた2人ですが、2人の間には1974年に「彩」という女の子が誕生しています。

しかし自由奔放な吉田拓郎さんは、1975年に浅田美代子さんとの不倫が報じられています。

子供が出来たら変わると思っていたとのちに吉田拓郎さんは語りましたが、子供が出来ても変わることはなく、四方佳子さんについて嫌いではないが、一緒に暮らすには耐えられないと離婚をしてしまいます。

 

吉田拓郎さんの子供は四方佳子さんとの間に誕生した1人だけで、のちに結婚する浅田美代子さんや森下愛子さんとの間には子供はいません

 

浅田美代子との馴れ初めと離婚理由

吉田拓郎さんの2度目の結婚の相手は浅田美代子さんです。

吉田拓郎さんと浅田美代子さんの馴れ初めは、吉田拓郎さんが自身のラジオ番組にゲストとして浅田美代子を呼び、共演したのがきっかけです。

吉田拓郎さんは浅田美代子さんのファンで、この共演時に電話番号を交換しています。

 

その後交際に発展するのですが、この時吉田拓郎さんはまだ四方佳子さんと離婚していませんでした。

浅田美代子さんのことを娘のようにかわいがっていた樹木希林さんは騙されているのではないかと心配し、夫である内田裕也さんと共に吉田拓郎さんのもとを訪れるということがあったそうです。

そこで吉田拓郎さんが真剣に付き合っていると答え、結婚への道が開け、1977年に結婚しました。

 

しかし、結婚生活は順調には行かず、1年後には結婚生活は破綻していたそうです。

1983年には吉田拓郎さんと森下愛子さんとの不倫が報じられましたが、浅田美代子さんは吉田拓郎さんは森下愛子さんのファンだと言い、不倫を否定しました。

しかし、同年協議離婚が成立しました。

森下愛子との馴れ初めと離婚理由

森下愛子さんとは吉田拓郎さんが自身のラジオのゲストに森下愛子さんを呼んだことがきっかけで知り合っています。

森下愛子さんは吉田拓郎さんの下心に警戒心を持っており、竹田かほりと一緒にやって来ました。

出会い方が浅田美代子さんの時と同じですね。

 

この時は交際には発展しなかったのですが、ラジオ出演から2,3年後に2人は美容院で再会しています。

そこで吉田拓郎さんが森下愛子さんを

今レコーディングやってるんで、見に来ませんか

と誘われたことが付き合うきっかけになったと森下愛子さんは語っています。

 

一方、吉田拓郎さんが「吉田拓郎&中村雅俊・欲張りワガママ四国旅」や「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」のなかで、中村雅俊さんが2人が付き合うきっかけを作ったと話しています。

 

ある夜、中村雅俊さんから電話があり、

いま、森下さんと飲んでるんだけど来ませんか

と誘われ、朝まで3人で飲みました。

中村雅俊さんはドラマの撮影があったため、

拓郎さん、ホテルに行っちゃいなさい

とアドバイスしてその場を去り、2人はその後ホテルに行ったと語っています。

 

2度不倫をしている吉田拓郎さんですが、年齢的に落ち着いたのか、森下愛子さんとの相性がよかったのか、2人は離婚することなく現在も仲睦まじく過ごしています。

まとめ

今回は「吉田拓郎の歴代嫁は3人で子供は1人!馴れ初めや離婚理由まとめ!」と題してお送りしました。

吉田拓郎さんの歴代の嫁は

  • 四方佳子さん
  • 浅田美代子さん
  • 森下愛子さん

の3人です。

四方さん、浅田さんとは離婚をしてしまいましたが、森下愛子さんとは現在も結婚されており、互いに病気の時にも支え合って過ごしています。

芸能活動を引退する吉田拓郎さん、今後は今まで以上に森下愛子さんとの時間を大切にされることでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。